スポンサーサイト

  • 2019.03.29 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    海上自衛隊最大の拠点「横須賀基地」

    • 2018.04.25 Wednesday
    • 17:10

    JUGEMテーマ:船と文化

     

    こんにちは、ゆうりです。

     

    今回は、横須賀について、お伝えしたいと思います。

    私は横須賀に二回行っています。

     

    それくらい、楽しいポイントがたくさんあるのです。

    では、いきましょう!

     

    海上自衛隊最大の拠点「横須賀基地」

     

    〇横須賀とは?〇

     

    横須賀は、神奈川県の三浦半島の西にあります。

    東京湾に面しており、近代以降、軍港として栄えてきました。

     

    現在は、海上自衛隊、アメリカ海軍の大規模な基地があります。

     

    この地が軍港として選ばれた理由は、ブラタモリをご覧ください。

     

    私がここで書いてもいいのですが、ブラタモリの方が何倍もわかりやすく面白いです。

    いいですよ。ブラタモリは楽しいです。

     

    今回は、歴史的な側面をブラタモリに譲りまして、

    別の側面から見ていきたいと思います。

     

    ブラタモリの内容については、以下の書籍をご覧ください。

     

    ブラタモリ 8 横浜 横須賀 会津 会津磐梯山 高尾山 [ NHK「ブラタモリ」制作班 ]

    価格:1,512円
    (2018/4/25 16:45時点)

     

    〇横須賀の見どころは?〇

     

    横須賀の地は、大きく二つのエリアから形成されています。

    もちろん、「横須賀市」はもっと広いのです。

    しかし、今回は、軍港としての「横須賀」について、ご紹介したいと思います。

     

    横須賀には、二つの鉄道会社が乗り入れています。

    JRと京急です。

     

     

    JRは、横須賀線が久里浜駅までのびています。

    明治期に開通した際は、横須賀駅まででした。

     

    鉄道敷設の目的は、舞鶴と同じです。

    もちろん軍事のためです。

     

    後の久里浜延伸も軍事的な側面が強く表れています。

     

    その、横須賀駅がこんな感じです。

     

    横須賀駅

     

    いい雰囲気の駅舎です。いいですね。

    その横須賀駅を出ると、すぐに船が見えてきます。

     

    いや、また素晴らしい。

    かっこいいです。

     

    横須賀駅は、先ほども軍事的需要からつくられたため、

    立地している場所も、軍港の目の前です。

     

    この駅前の公園も見どころになります。

     

     

    そして、もう一つのエリアが、京急本線の横須賀中央駅です。

    こちらは、横須賀市街地の中心に位置しています。

     

    京急の前身のひとつである湘南電気鉄道により開業しました。

    こちらも軍事的な側面が強いです。

     

    基本、軍港など、軍施設付近の路線は、軍事と関係が深いことが多いのです。

     

    横須賀中央駅は、利用したことがないのですが、近くはぶらぶらしました。

    アメリカ軍基地が近くにあるということもあり、お店がいい雰囲気なんですね。

     

    日本にアメリカのアクセントがきいています。

    あと、カレーが多いです。そして、おいしい。

     

    いい街なんです。

     

     

    さて、そんな横須賀の見どころは、おおきく二つあります。

    もちろん、お届けしたいところはたくさんあるんですけど、

    私が強くおすすめするのは、以下の二つです!

     

    〇YOKOSUKA軍港巡り〇

     

    YOKOSUKA軍港めぐり

     

    でました!私が二回乗ったやつです!

    これは素晴らしいです。何度も乗りたくなります。

     

    写真の奥にあるイオンの屋外に乗り場があります。

     

    その名の通り、海上自衛隊やアメリカ海軍の港に停泊している艦艇を、

    クルージングしながら見て回ることができます。

     

    時期によって、軍港にいる艦艇が違うので、何度来ても飽きません。

     

    運が良ければ、この二隻に出会えます。

     

    横須賀 いずも横須賀 ロナルド・レーガン

     

    護衛艦「いずも」(上)原子力空母「ロナルド・レーガン」(下)です。

     

    ふたつとも、かっこいいですね。

    見飽きません。

     

    この横須賀港は海上自衛隊最大の拠点です。

    もっと、たくさんの種類の艦艇が母港としています。

     

    私が、出会った船ですと、

     

    横須賀 しらせ

     

    見覚えある方多いと思います。砕氷船しらせです。

    南極観測に出かける船ですね。

    実は自衛隊の船なんです。

     

    政府専用機が航空自衛隊の飛行機であることと似てますね。

     

    外国で任務を行う大型の乗り物は、軍が管理していることが多いそうです。

    日本だと、自衛隊が管理しています。

     

    さらに、こちら!

     

    横須賀 潜水艦

     

    潜水艦です。そうりゅう型おやしお型が見えますね。

    見分け方は舵の形です。奥のX舵が最新のそうりゅう型になります。

     

    型まではわかっても、潜水艦は任務の隠密性ゆえ、

    番号を消されてしまうので、具体的にどの船かはわかりません。

    (横須賀を母港としているそうりゅう型は一隻しかないので予想はできますがその範疇をでません。)

     

    潜水艦が母港としているのは、横須賀と呉だけなので、

    日常的に潜水艦を見ることができるのは国内でその二か所だけです。

     

    あと、私が訪れた時期(平成29年8月)はこんな船も見ることができました。

     

    フィッツジェラルド

     

    あっ!怒られるやつかな?けどいいや。

    痛ましい衝突事故を起こしたアメリカ海軍のミサイル駆逐艦「フィッツジェラルド」です。

    工事中ですね。ちなみに、現在(平成30年)は日本にいません。

     

    このクルーズでは、案内の方があらゆる船を紹介してくださいますが、

    さすがに、この船はスルーされました。

     

    もしかして、同乗していた多数のお客さんは、気が付いていなかったかもしれません。

     

    他にも、掃海艦、掃海母艦、潜水艦救難艦、海洋観測艦などあらゆる船を見ることができます。

    その数は到底紹介しきれません。

     

    たくさんの船に出会えるクルーズですので、是非とも参加してみてください。

     (YOKOSUKA軍港めぐり公式HP)

     

     

    〇記念艦三笠〇

     

    もうひとつ、横須賀には見どころがあります。

     

    記念艦三笠

     

    世界三大記念艦「三笠」です!

     

    こちらは、横須賀中央駅が最寄り駅となっています。

    しかし、YOKOSUKA軍港めぐりのあるJR横須賀駅から、徒歩25分ほどで着くことができます。

     

    ちなみに、歩いて向かう途中にこのような施設があります。

     

    横須賀アメリカ海軍基地

     

    アメリカ軍基地のゲートです。

    車道に見えるゲートがそれです。

    写真撮ってよかったのかな?怒られなかったので、問題ないのでしょう。

     

    このゲートを横に見ながら、もう15分ほど歩きます。

    すると、三笠公園があり、その中に、記念艦三笠が鎮座しているのです。

     

    こちらの記念館三笠は、日露戦争の海軍一大海戦である日本海海戦時に、

    連合艦隊旗艦となっていた戦艦三笠を保存したものです。

     

    この戦いで、わが連合艦隊は史上稀にみる圧倒的な勝利をおさめました。

     

    その中で、一番被害が大きかったのが先頭をゆく戦艦三笠になります。

     

    戦後は、連合軍に接収され、一部の解体、主砲の売却など荒廃してしまいますが、

    イギリス人ルービンさんの訴えで、有志や地元の協力により何とか守られました。

     

    この三笠には、こちらが残されています。

     

    記念艦三笠 東郷平八郎

     

    この板は、日本海海戦時、外で指揮していた連合艦隊司令長官東郷平八郎さんが立っていた場所を示すものです。

     

    かなり高いところにありました。

    こわいこわい。荒れる波の中、この地にたどり着くだけでも怖いのに、

    飛んでくる砲弾のなか、この場で指揮していたことにも驚きです。

     

    ちなみに、比較的安全であり、普段指揮をとる場所である艦橋内部は砲撃で被害が出ています。

     

    恐るべし強運の持ち主です。

     

    その後、日本は辛くも日露戦争を優位な条件で終えることができました。

     

    日本の国難を救った日本海海戦を学ぶことができるのが、記念艦三笠です。

    是非とも訪れてみてください。

     

     (記念艦三笠HP)

     

     

    いかがだったでしょうか。

    横須賀の地にお出かけ際は、こちらの二か所を訪れてみてください。

    にほんブログ村 旅行ブログへ
    にほんブログ村

     

    では、また。

    スポンサーサイト

    • 2019.03.29 Friday
    • 17:10
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      日本100名城スタンプラリー

      日本100名城に行こう [ 中城正堯 ]

      価格:616円
      (2018/4/9 20:13時点)
      感想(91件)

      日本100名城スタンプラリー

      PR

      PR

      PR

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM